トップ > 省力化機器 > 畳製造機器 > スーパーミニラインKT-21 
省スペース生産システム「スーパーミニラインKT-21」
地域小型店(1〜2名)、中型店(3〜4名)向けの省スペース生産ライン

 スーパーミニラインKT-21は、表替を中心とした都市型小規模畳店様向けの省スペース生産システムです。設置スペースとオペレーションを重視し、必要量を最小人員で効率的に生産することを考えました。
 
スーパーミニラインKT-21
片框裁断・表張・框縫が一体になった、「マルチロボットKT-21」と、平刺・返縫が一体になった「両用ロボットKT-21」の組み合わせによる超省スペース対応の最新・最小コンピュータ式自動畳縫着システムです。日産40畳という高い生産能力を持ち、更に機能、操作性も追求しました。
 
システムの能力
作業人員 1名
生産能力 40畳/8時間
設置面積 9坪(約27.7m2
構成機種 設置寸法 備考
マルチロボットKT-21 2,850 x 2,350 mm 三相AC200V 1.13Kw
両用ロボットKT-21 3,550 x 1,900 mm 三相AC200V 1.61Kw
レーザーオートスントリー
コードレス検助S
畳割付システム
キャスターコンベア 600 x 1,500 mm

ページの先頭へ
表替スーパーミニラインKT-21
表張・框縫が一体になった「曲針式表張付框縫ロボット」と、平刺・返縫が一体となった「両用ロボットKT-21」の組み合わせによる超省スペース対応の最新・最小コンピュータ式表替専用システムです。わずかなスペースで設置でき、日産30畳の表替を可能にしました。
 
システムの能力
作業人員 1名
生産能力 30畳/8時間
設置面積 8坪(約24.9m2
構成機種 設置寸法 備考
曲針式表張付框縫ロボット 2,650 x 2,300 mm 三相AC200V 0.06Kw
両用ロボットKT-21 3,550 x 1,900 mm 三相AC200V 1.61Kw
コードレス検助S
キャスターコンベア 600 x 1,500 mm

ページの先頭へ